メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

社会保険料削減方法・削減事例

よくある社会保険料削減方法

  • 1.4月・5月・6月の残業を少なくする
  • 2.入社日を月初にする。
  • 3.退職日を月末の前日にする
  • 4.4月の昇給をやめて7月に昇給をする
  • 5.賞与支給月に退職を促す
  • 6.通勤手当の支給方法を変える
  • 7.皆勤手当の支給方法を変える
  • 8.営業手当や出張手当の支給方法を変える
  • 9.借上社宅制度を導入する
  • 10.賞与の支給を年1回にする
  • 11.休職期間を見直す
  • 12.請負契約にする
  • 13.退職金制度を活用する
  • 13.健保組合へ変更する
  • 14.雇用契約を見直す
  • インターネットで検索すれば、このような「よくある小ネタ」を探すことができます。(そのため、このサイトでは触れません。)

  • これらのよくある社会保険料削減策は実行できそうでしょうか。



    このように、よくある社会保険料削減対策は部分的、短期的には削減できるのですが、根本的な削減をすることは難しく、現実的には活用されていません 

    書籍やネットでよく記載されている内容だけでは本質的な合理化は難しく、導入するにはハードルが高かったりと、心得的なものが多いのが現実なのです。  



  • パートナーズ式節減方法では合理的かつ適切な方法で削減を実現します
  • ・合理的な総額人件費の「仕組み化」により実現
    ・しっかりと導入・管理をすることで削減効果は、毎年継続します。

    公開講座のご案内

    個別相談のご案内

パートナーズ式削減事例

  • パートナーズ式削減方法での1人当たりの削減額(想定額)
  • ・1人当たり16,800円/年

  • 10人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×10人=168,000円/年を削減

  • 30人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×30人=504,000円/年を削減

  • 50人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×50人=840,000円/年を削減

  • 100人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×100人=1,680,000円/年を削減

  • 300人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×300人=5,040,000円/年を削減

  • 500人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×500人=8,400,000円/年を削減

  • 1000人規模の企業様の目安(年間削減額)
  • ・平均16,800円×1000人=16,800,000円/年を削減


    年間削減
    想定額

    標準

    最大
    標準
    想定値
    最大
    想定値
    10人
    規模
    16,800円

    33,000円
    168,000円
    (想定額)
    330,000円
    (想定額)
    30人
    規模
    16,800円

    33,000円
    504,000円
    (想定額)
    990,000円
    (想定額)
    50人
    規模
    16,800円

    33,000円
    840,000円
    (想定額)
    1,650,000円
    (想定額)
    100人
    規模
    16,800円

    33,000円
    1,680,000円
    (想定額)
    3,300,000円
    (想定額)
    300人
    規模
    16,800円

    33,000円
    5,040,000円
    (想定額)
    9,900,000円
    (想定額)
    500人
    規模
    16,800円

    33,000円
    8,400,000円
    (想定額)
    16,500,000円
    (想定額)
    1000人
    規模
    16,800円

    33,000円
    16,800,000円
    (想定額)
    33,000,000円
    (想定額)
    月給29万円〜31万円程度の方を想定
    上記はあくまでも想定値です。従業員構成や賃金額などにより変動します。

このページの先頭へ

ページの終了