メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

藤沢公開講座社会保険料を適正に削減する方法藤沢開催

知らないと大損!誰も教えてくれない経費削減策【受付修了】

税金に節税があるように社会保険料にも節減方法があります!

    2013年、仕入れておくべき人件費高騰化対策ノウハウを公開します。

    社長:松崎先生、会社が生き残るために、とうとう、ここまで検討しなくてはいけない時代になってしまったんですね!

    松崎:そうですね。これを検討するだけでも、他の会社より一歩も二歩も抜きん出て御社が生き残るチャンスを得た、ということだと思いますよ。


    消費税アップ、電気料金アップと厳しい話題が飛び交っています。
    また最近は、雑誌などで社会保険料や残業代のコストについて取り上げられ始めています。

    特に厚生年金保険料については、平成16年から平成29年まで毎年ジワジワと値上げすることが決定されており、会社の利益を圧迫しています。

    年収400万円の社員が30人いる場合、平成16年度と平成29年度を比較すると会社負担分だけで年間283万円の負担増になるのです。
    しかも、この負担増はその後も毎年続いて行きます。

    消費税や電気料金では大騒ぎなのに、社会保険料は毎年上昇することが決まっている現実をみなさんどう思いますか。

    これだけの経常利益・営業利益をを上げるために必要な売上高を考えた場合、社会保険料も税金と同様に対策が必要な時代です。
    (また社会保険への加入は、個別の会社の業績が黒字・赤字に関係なく、景気低迷期の厳しい時代であっても、任意に脱退することができません。)

    そこで御社の社会保険料が適正に節減していただくためにセミナーを開催させていただきます。
    このセミナーで社会保険料削減の内容等をご確認いただき、総額人件費コントロールをしていただければ幸いです。

経営者のための『社会保険料を適正に節減する方法-2013-』
〜税金に節税があるように社会保険料にも節減方法があります!〜

    緊急 中小企業の社長様・役員様は必ずご確認下さい。
    役員1人当り年間節減額が数百万円の場合もあります。
    03月決算の法人オーナー様
    今から導入を検討し、削減準備することができます。
    09月決算の法人オーナー様
    来期予算計画を今から検討することができます。
    12月決算の法人オーナー様
    今すぐ準備が必要です。
    できるだけ早く当講座の情報だけでも入手することをおススメ致します。
    本セミナーの目的 保険料徴収の仕組みを知る大切さを理解する。
    総額人件費管理の視点を入れてみる。
    保険料設定の方法を考えてみる。
    企業存続の利益確保に役立てていただく。
    保険料を支払う真面目な会社が損をしないようにする。
    セミナー
    概要
    なぜいま「社会保険料」に着目するのか
    (社会保険料の負担増加が経営に与える負の連鎖)
    業種、規模に関係なく、賞与を支給しているすべての会社で100%効果がある方法
    (単年だけではなく、効果が継続増大していきます)
    社員の給与受取額(年収)を変えずに「社会保険料」だけを節減する方法
    (当社の対策は一般的な方法より効果があります)
    会社、社員の双方にメリットのある画期的な方法
    今すぐできる、知っておくべき適正化方法
    (知っていて損はない、ちょっとした適正化方法)
    社長や役員にはさらに劇的な効果をもたらす方法
    (役員1人当り年間節減額最大●●●万円の方も)
    消費税10%時代に求められる「社会保険料節減」は「総額人件費管理」
    その他 ※社会保険料の実態を経営者は知るべきです!!
    配布資料 オリジナルレジュメ
    開催日時 2013年02月(受付13:15〜)
    13:30〜16:30(質疑応答含む)
    ※申込期限:2013年02月25日(月)18:00迄
    受講料 1社2名様まで12,600円(税込)
    このセミナーは、1名様分の参加費用(12,600円)で、1社2名様までご参加いただけます。
    受講特典 特典1:1時間21,000円のコンサルティングが1回無料
    (受講後60日以内の面談)
    特典2:概算診断
    (31,500円相当のシミュレーションを無料で実施)
    社会保険料削減シミュレーション

    社会保険料削減シミュレーション
    社会保険料の節減見込額を試算いたします。
    企業様の状況により診断できない場合がございます。
    対象者 ・経営者
    ・経営幹部
    ・人事担当者(決裁者の方)限定
    零細企業様・中小中堅企業様のどちらにも価値ある内容
      となっております。
    ご留意
    事 項
    受付で名刺のご提示をお願いしますので、予めご了承
      下さい。
    同業者(社労士・税理士・コンサルタントなど)の方々
      のご参加は 顧問先企業様の代理出席も含めてご遠慮
     をいただいております。
    定 員 12名(最少催行人数3名)
    7日前に催行人数に達しない場合は、中止となります。
    会 場
    社会保険料削減セミナー藤沢会場

    藤沢会議室
    詳細はお申し込み後に、個別にお知らせ致します。
    講 師
    社会保険料削減コンサルタント松崎直己
    社会保険料削減&年金復活プラン
    代表 松崎直己
    講師プロフィール
      
    所属団体等
    法政大学エクステンション・カレッジ講師
    実践社労士塾プロゼミ講師
    東京しごとセンター講師ほか多数
    著書に「はじめての総務の仕事」(共著、すばる舎)『1000万円得する年金の本』(共著、KKベストセラーズ)ほか日経新聞、日経産業新聞、産経新聞、フジサンケイビジネスアイ、日経ビジネス、日経ベンチャーなど執筆、取材実績多数。
    第1回紛争解決手続き代理業試験合格
    主 催 株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ
    株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ
    留意事項 (講座の録音・録画について)
    講座の録音・撮影・講義中の携帯電話やパソコンなどの端末のご使用などはご遠慮下さい。
    主催者側にて、録画・録音をする場合がございます。
    (講座の内容・開催について)
    タイトル・内容・日時・会場などは、やむを得ない事情により予告なく変更させていただく場合がございます。主催者・講師などの諸事情により開催を中止させていただく場合がございます。 
    (キャンセルについて)
    キャンセルの場合は、開催日の前日より数えて7営業日前(土日、祝日除く)の午後4時までに上記、主催者セミナー事務局までご連絡下さい。返金に伴う振込手数料を差し引いた金額のご返金とさせていただきます。
    開催日の前日より数えて7営業日以後のキャンセルについては、受講料のご返金いたしませんので、代理出席でご対応をお願い致します。

お申し込み・お問い合せについて

  • お問い合せイメージ下記フォーム・受付電話にて承ります。
  • 株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ・グループ
    受付:03-3367-7638
    (10:00〜17:00)担当:松崎

    企業名及びお名前・電話番号をオペレーターにお申し付けください。折り返し担当よりご連絡いたします。

セミナーお申し込みフォーム

    下記フォームに必要事項をご入力ください。
    「送信内容確認」ボタンをクリックすると確認画面を表示します。
    は必須項目です。

    お申し込み
    項 目
    2013年02月13:30〜16:30
    藤沢「社会保険料を適正に節減する方法-2013-」
      1社2名様まで:12,600円(税込
    お支払方法 銀行振込(振込手数料はご負担願います)
    会社名
    業 種
    社員数
     部署名
    お申し込み
    責任者役職名

    お申し込み
    責任者お名前

    フルネームでお願いいたします。
    ご受講者1
    役職名

    お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
    「同上」とご記入下さい。
    ご受講者1
    お名前

    お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
    「同上」とご記入下さい。
    ご受講者2
    役職名
    ご受講者2
    お名前

    フルネームでお願いいたします。
    郵便番号
    都道府県
    会社住所
    市区町村・番地までお願いいたします。
    電話番号 (半角数字)
    FAX番号 (半角数字)
    メール 
    アドレス
    (半角数字)
    メール 
    アドレス
    (半角数字)
    ※確認用
    お申し込みの
    きっかけ
    「株式会社ヒューマンバリューアソシエイツのリンク」
    「ヒューマンバリューアソシエイツのリンク」
    メルマガ「月刊人事労務ニュースレター」
    メルマガ「あなたの会社が役所の調査で傾く時」
    検索エンジン「ヤフー」
    検索エンジン「グーグル」
    その他
    お問い合せ
    内容
このページの先頭へ

ページの終了