メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

社会保険の基礎

報酬の範囲

  • ご注意事項
  • 当サイトは、社会保険料削減に特化したサイトにリニューアルいたしました。
    このページの情報は、平成17年当時の古い情報となっております。
    右メニューの削減に関する情報のみご活用下さい。

  • 報酬の範囲
  • 標準報酬月額を決める場合にそのもととなる報酬は、賃金、給料、俸給、手当、賞与、その他どんな名称であっても、被保険者が労務の対償として受けるものすべてを含みます。ただし、大入り袋や見舞金のような臨時に受けるものや、年3回以下の賞与は含まれません。

    なお、通勤手当は、所得税法上100,000円まで非課税とされていますが、社会保険では、このような取り扱いはされず、通勤手当の全額を報酬に含めます。

    金銭(通貨)に限らず、現物で支給される食事や住宅、通勤定期券も報酬に含まれます。

このページの先頭へ

ページの終了