メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

社会保険の基礎

月額等級の上限・下限の扱い

  • ご注意事項
  • 当サイトは、社会保険料削減に特化したサイトにリニューアルいたしました。
    このページの情報は、平成17年当時の古い情報となっております。
    右メニューの削減に関する情報のみご活用下さい。

  • 標準報酬月額等級の上限・下限にある人の扱い
  • 標準報酬月額には上限・下限があるため、大幅に報酬が変わっても2等級の差が出ないこともあります。

    たとえば健康保険の38等級(月額930,000円)の人は報酬がどんなにあがっても、健康保険の現在の標準報酬月額の上限が39等級(月額980,000円)のため、2等級の差が出ません。

    そこで、次のように固定的賃金の変動月以後引き続く3か月の報酬月額の平均額が、次の額になった人は、随時改定の対象となります。

このページの先頭へ

ページの終了