メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

健康保険の給付

出産育児一時金(健康保険の給付)

  • ご注意事項
  • 当サイトは、社会保険料削減に特化したサイトにリニューアルいたしました。
    このページの情報は、平成17年当時の古い情報となっております。
    右メニューの削減に関する情報のみご活用下さい。

  • 出産育児一時金
  • 被保険者が出産をしたときは、1児ごとに42万円が、出産育児一時金として支給されます。

    正常な出産のときは病気とみなされないため、定期検診や出産のための費用は自費扱いになります。
    異常出産のときは、健康保険が適用され、療養の給付を受けることができます。
    多生児を出産したときは、胎児数分だけ支給されることになるので双生児の場合は、出産育児一時金は2人分になります。

このページの先頭へ

ページの終了