メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

健康保険の給付

出産手当金(健康保険の給付)

  • ご注意事項
  • 当サイトは、社会保険料削減に特化したサイトにリニューアルいたしました。
    このページの情報は、平成17年当時の古い情報となっております。
    右メニューの削減に関する情報のみご活用下さい。

  • 出産手当金
  • 被保険者が出産のため会社を休み、事業主から報酬が受けられないときは、出産手当金が支給されます。

    <出産手当金が受けられる期間>
    出産手当金は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。
    ただし、休んだ期間にかかる分として、出産手当金の額より多い報酬が支給される場合は、出産手当金は支給されません。

    <出産が予定よりおくれた場合>
    予定日よりおくれて出産した場合は支給期間が、出産予定日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日の範囲内となっていますので、実際に出産した日までの期間も支給されることになります。
    たとえば、実際の出産が予定より4日おくれたという場合は、その4日分についても出産手当金が支給されます。

    <支給される金額>
    出産手当金は、1日につき標準報酬日額の6割に相当する額が支給されます。 会社を休んだ期間について、事業主から報酬を受けられる場合は、その報酬の額を控除した額が出産手当金として支給されます。

このページの先頭へ

ページの終了