メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

60代シニア社長様へ「年金復活プランのご提案」

健康保険の給付

入院時食事療養費(健康保険の給付)

  • ご注意事項
  • 当サイトは、社会保険料削減に特化したサイトにリニューアルいたしました。
    このページの情報は、平成17年当時の古い情報となっております。
    右メニューの削減に関する情報のみご活用下さい。

    被保険者が病気やけがで保険医療機関に入院したときは、療養の給付とあわせて食事の給付を受けられます。

    入院期間中の食事の費用は、健康保険から支給される入院時食事療養費と入院患者が支払う標準負担額でまかなわれます。入院時食事療養費は、療養費となっていますが、保険者が被保険者に代わって医療機関にその費用を直接支払うこととなっており、患者は、標準負担額だけを支払うことになります。

    標準負担額は、平均的な家計の食費を勘案して厚生労働大臣が定めることとなっています。

    また、標準負担額など食事療養費に要した自己負担額については、高額療養費の対象から除外されることとなっています。

このページの先頭へ

ページの終了